スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ななまー
 
[スポンサー広告
はてしなく自由。



『ティンカーベルと妖精の家』同シリーズの“月の石”も含めて…姉妹のお気に入り。
あの有名な"ティンカーベル"が...ピーターパンと出会う前のお話です。
なんでもこのシリーズって11作も予定があるとかないとか。オトナって…オトナって…。



「妖精たちの棲むピクシーホロウ」…
そんな言葉だけでもわくわくしちゃうの…おかーさんよくわかる。
私も…「ときめきトゥナイト」の魔界に...ほんとに行きたかったもん。
蘭世に憧れて…真壁くんに恋をして…
自分の名字がなんで江藤じゃないんだろうとか悔やんだり…
(今となっては絶対に真壁くんよりカルロさまがいいと思うけど)

あ…脱線しちゃった。ティンカーベルでした…ティンカーベル。ティンクね。


で…その『ティンカーベルと妖精の家』を2回連続で観た後半ぐらいから、
1号がまたなにやらせっせと家にあるもので勝手に創作を始めまして。。
「たべものもいるか…」「電気もないと…」とかブツブツいいながらせっせせっせ…
そのまわりで妙に献身的に…でもウキウキしながら嬉しそうにする2号…
よく見えなかったけど…段ボールに部屋みたいのをつくってる??



で。
キッチンに立つわたしに向かって、当然のように、
1号「ママー…これ外に出すんだけどさ、ちょっと手伝ってー。」


母「…は? そとぉ? なんでなんで…やめてよ…だめー。だしちゃだめー。」と…答えました。


すると…
1号「はぁ…。←ため息 
 あのさぁ…妖精が家の中まで入って来れるんですか?」


母「…。」
↑まだ状況がつかめていない…


1号「...来れないでしょ?だからー外にださないと作った意味がないんですー。はやく!」


母「あ…あははははははははははは...」
↑やっと作っていたものとその役割を理解し…彼女のあまりの“我が道まっしぐらっぷり”に敬意すら感じた瞬間



そう…題して
「家の外に妖精の家をつくって…そこに住んでもらう大作戦」
(2号が「鳥いるかな?」って外を見に行ったりもしてたから…もうなんだかよくわからないんですけど。)



ま...みてください。



これ...室外機の上に展開中...。
(うわ...室外機...きたない...)








少しズームアップ...。

中はすごく凝っていて...
実物をお見せすることができないのが本当に本当に残念。。
IKEAの小さいLEDライトが照明...入り口の暖簾みたいのは櫛...


メルヘン...どこまでも...メルヘン...。。

でも...ほんとにほんとにティンクがウチにやってきて、
姉妹に妖精の粉をふりかけてくれたら...
なーんの疑問もなくきゃあきゃあ言いながら飛んでいっちゃうんだろうなぁ...。。


更新の励みにしています。
クリックお願いします。

人気ブログランキ<br />ングへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
スポンサーサイト
Posted by ななまー
comment:0   trackback:0
[1号の成長
comment
comment posting














 

trackback URL
http://torico04.blog74.fc2.com/tb.php/1686-1192a414
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。