スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ななまー
 
[スポンサー広告
まさかの肛門科受診。
1248220562-??.jpg


実は昨日、最近ぬんちの後におしりの穴が痛いと訴えていた1号が、
朝から痛いというのを無視できず、
病院に連れて行くことに。

しかし何科だったら看てくれるのかいまいちわからず
(消化器科とかあるし)
でもやっぱり肛門科が間違いないか!?と、
ドキドキしてネット検索。

で、よさそうなまあまあ近い病院をみつけたので、タクシーでgo!...


正直、絶対におしりの穴を看てもらうわけだし、
怖がったり痛がったりしないか心配でしたが、
なんだか可哀想になるくらいお利口だった我が子。

看護婦さんに励まされながら、ふっふーっと呼吸し、
先生がおしりを看ているところを見ていたら、
まるで、陣痛に耐える娘を見る母の気持ちに。
(いや、もちろん体感したことないけど)

看護婦さんが優しく、
先生も親身に声かけしてくれるダンディな40代だったからか、
1号も安心して身を任せられたのではないかと。

それとも「4歳なのになんて偉いの。。物分かりがよいというか。。」
と、何度もベタ褒めされ、後に引けなくなったか??

結局、目立ったなにかがあったわけではなかったのだけど、
ぬんちが固めだからちょっと出口付近が赤くなってるとのこと。
で、中と外とに塗る薬をもらい、
帰りにばったり会ったりゅうくんに便乗して(りゅうくんすでに夏休み)
日本脳炎の予防接種も受け、ナーサリーにお願いしてから出勤しました。
大事にならなくてヨカッタ。

1日でおしりを看られたり注射したりで大変だった1号は、
たっぷりと褒めて、会社帰りにはおみやげも買って帰りました。
本当偉かったよ!!

でもでも。
おかーさんは、あのダンディな先生におしりの穴をみせるなんて、
絶対に絶対に恥ずかしいからイヤ。(←全くいらぬ感想。)


今日も、「読んだよ!」のしるしに、
ポチポチッと応援お願いします!
人気ブログランキ<br />ングへ←37位くらい?
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←こちらも2位にダウン。
スポンサーサイト
Posted by ななまー
comment:0   trackback:0
[仕事と病気
comment
comment posting














 

trackback URL
http://torico04.blog74.fc2.com/tb.php/574-73ecb8b7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。